FC2ブログ

レイアウト変更

ヒョウモントカゲモドキのケージを掃除するついでにレイアウトを変更しました。

DSC_0012.jpg

トカゲを取り出す時に噛みつかれました。
身につけていたニトリル手袋が裂けました。
特に触れあいたいと思っていないので、ハンドリングは普段から行っていません。
触るのがストレスになるからと思っているのもあります。
ハンドリングの是非は飼育者それぞれに考えがあるとは思いますが、掃除や健康チェックのためにある程度は触って慣れさせておいたほうがいいのかもしれません。
歯が結構鋭いので素手だと指がすぱっと切れると思います。

DSC_0014.jpg

激変したケージ内を確認中のトカゲ。
だいぶ困っています。
このあと1時間ほどしたら落ち着きました。

ケージ内に植物を置くかどうかでずっと悩んでいました。
植物を入れない理由は山ほどあります。

・まず管理がめんどい。
・どうせ踏み荒らされてぐちゃぐちゃになる。
・誤嚥しても安全であるかどうか?
・接触してトカゲにアレルギーなど異常が起こらないか?
・入れるとしたら本来の生息地に生えている植物がいい。
 でもそんなもの売ってるわけがない。
・動物園のレイアウトをいくつ参考にしても植物をいれていない。
 プロがそう判断している。素人には理解の及ばない考えがある。
 つまり入れない方がいい。
・そもそも植物を置く方が少数派。
・エアプランツ、多肉植物を育てられる照明が用意できない。
・前回入れていた多肉は徒長してかわいそうなことになった。

そして置きたい理由はひとつだけ。

・それはそうと味気ないのでケージ内に緑が欲しい。

様々な理性的な判断をすっ飛ばして結局入れることにしました。
選定の条件として

・現地に生えている可能性がある仲間の植物であること。

としました。
しかしネットで中東の植物の情報を調べるのは恐ろしく難儀でした。
そこでかろうじて引っかかったのがセダムの仲間でした。
どうやらアフリカ、ヨーロッパ、中東の乾燥地帯に生えてるっぽい。
しかも荒れ地に自生する植物で丈夫。
今回はいけそうな気がします。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)