FC2ブログ

うちのトカゲの食欲について

 新しく記事を書きたかったのですが、パソコンの調子が悪く更新が滞っておりました。今はもう直りました。

 今日は自宅のヒョウモントカゲモドキについて、少し書こうと思います。

DSC01767.jpg

 このトカゲの飼育を始めてから、一年と三ヶ月ほど経ちました。驚くほど安定していて、苦労したことや困ったことが特になかったため、ほとんど書くことがありませんでした。記事がないということは、それだけ順調だったということです。

 そして今回ついに変わったことがありました。と言っても、あまり嬉しいことではありません。去年の十二月からあまり餌を食べなくなりました。「腹が減ったら、そのうち食べるやろ」と思って、様子は見つつも手を出さないようにしていました。焦って手を加えていいことになった経験があまりないので、そっとしておきました。

 そうやって、のんびり様子を見ていたのですが、一月なかばくらいから「もしかして、これは拒食が始まる兆候なのではないか?」と思うようになりました。一月になってからは、まったく餌に手をつけない週も出てきたからです。

DSC01774.jpg

 でも食べていないわりには、足の付け根はむっちりしているし、しっぽもぶりぶりしています。だから「必要がないから食べていないだけ」だと考えて、慌てず観察を継続していました。しかし、このまま完全な拒食に突入される可能性も捨てきれません。さすがに少し心配になってきたので給餌方法や環境に変化をつけてみることにしました。

 一月の終わりから、湿度を普段より高めに保つようにしてみました。温度は元から三十度手前くらいに設定してあるので、そちらは現状維持です
 結果、湿度が上がってからは、ちょくちょくシェルターからはい出てきて、ケージ内を徘徊するようになりました。餌を探すような動作が見られ、活性が上がっているように感じました。いい兆候に見えましたが、餌を与えようとして目の前にコオロギを持って行っても、つんとそっぽを向いてしまいます。他の条件を探る必要があるようでした。

 次に餌に飽きただけなんじゃないかと思い、一度イナゴを与えてみました。これは駄目でした。ミルワームも駄目。興味を示しはしましたが、好みではなかったようです。あと試していない餌はデュビア、ハニーワーム、ピンクマウス、人工飼料くらいでしょうか。まだ選択肢はたくさんあります。

 調べていくうちにサプリメントに飽きている場合があるという記事を発見しました。もしかしてと思い、サプリメントをかけずにコオロギを与えてみました。二匹ほどコオロギを食べました。単純に食欲が戻っただけの場合もあるので、次の週はサプリメントをかけてコオロギを与えてみました。今度は食べませんでした。なので原因はサプリメントかなぁと今のところ思っています。

 余談ですが、うちのトカゲは台所で揚げ物を作るときになるとシェルターから出てきて、「なにそれ?ちょうだい!」という感じで、ケージの前面に張りつきます。「お前食欲あるやんけ!」とその様子を見ていつも笑ってしまいます。どうやら油の臭いが好きみたいです。今のところ油が一番嗜好性の高い食品となるようですが、残念ながら与えることはできません。食欲自体はあるようです。なので拒食の可能性は低いと思います。ぼくが楽観して様子を見ている理由はここにあります。鶏の唐揚げ風味のサプリメントが売っていたら食べそうな気がします。

Comment

お久しぶりです。家のレオパは昨年秋に死んじゃいましたが
偏食ありましたよ。家のはコオロギ大好き。それこそ死んでてもお構いなし。なのにカルシウムを付けて白いコオロギをあげても一切食べませんでした。1週間ほど餌を抜いたら食べましたがそこまでして食べたく無いものを上げるのもどうかと思いまして。自然界で虫を自分で獲って食べてる個体がカルシウムに気遣いするって事もないでしょうし(;^ω^)なんでも良いから食べてくれる事。それが1番ですよ、きっと・・・
  • 2017/02/13 00:44
  • 変な釣り人
  • URL
Re: タイトルなし
去年の秋でしたか、その記事は拝見しました。非常に残念でしたね……。

サプリメント剤の必要性は、わりと意見がわかれるポイントですよね。
ぼくも自然にないものを与える必要はあるのかと考えるときはあります。

今回の件は季節拒食という場合もありますし
そのうち調子が戻るといいなと思います。
  • 2017/02/14 17:29
  • tetsu
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)