FC2ブログ

カエルが食べた

久しぶりにエサを食べました。
覚えてる限りでは1月の頭に強制給餌して以来だと思います。

DSC01174-2.jpg

今回は自分から勢いよく食べました。
本当にほっとしました。


食べない間さんざん調べてみたんですがよくわからず……。
本やネットの情報を総合していろいろと考えてみました。



ベルツノガエルは目の前にエサがちらついただけでなんでも食いつく習性のある生き物だそうで
それは反射行動なのでそれが起こらないということは、病気か何かが考えられるとのことです。

これは人間で言うとひざ下を叩いたら、はねるのと同じです。
そういうふうにできてるものが、その通りに動かないってのは条件が整ってないからだと思いました。



思い返せば、プラケース飼育に移行してからエサの食いが悪くなっていったように思います。
なのでカエルが食べていたころの条件に近づけていけば元に戻るはずだと見当をつけて
少しずついじっていきました。

温度ですが今は21度~28度です。
ぼくの管理の仕方では幅が出てしまい困っています。
ぴた適を横と下に貼りつけています。

湿度はプラケースが常に軽く曇るくらいにしています。
去年はずっとその程度にしていてよく食べていました。
乾燥気味が良いとよく言われますが、うちのは乾燥気味にすると調子が悪くなる気がします。

底床を黒土6、ヤシガラ4に戻しました。
飼いはじめのころと同じ構成です。

それと照明をつけました。
LEDで薄く照らしています。
これも飼いはじめのころ観察用につけていたものです。
ツノガエルには照明は必要ないと言われていますが、昼夜の感覚が分からなくなるほど
暗い場合はつけたほうがいいという書き込みを読んで、再度取り付けることにしました。
観察もしやすくなりますし、カエルに存在感が出るのでぼくは若干の照明は必要かなと思いました。


こんな感じで以前の構成に近づけていったら、食欲が戻ったようで無事エサを食べました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)