FC2ブログ

2012/12/16 カメ飼育環境

■8月から少しずついじってきて、今はこんなかんじです。

○水槽の様子とか。
DSC00317-2.jpg

水槽はニッソーの90センチスリム水槽。
詳細は忘れました。中学生のときに金を貯めて買ったやつです。

水槽台はコトブキの『プロスタイル900S-Low 木目』を使っています。

○前回記事にしたスドーのサテライトLはどうでもいいかんじに
仕上がりました(ひどい)
DSC00318-2.jpg

○上から。
DSC00326-2.jpg
中にサンゴ砂を適当にざっくり入れて、間仕切りを真ん中に置いて
テトラのバイオボールを右側になんとなく入れてエアーを下から
当てています。

サンゴ砂は水が酸性で貝が溶けていってしまうので、貝のために入れてあります。

○テトラロックフィルターの内部です。
DSC00319-2.jpg
テトラバイオバッグSを2つ、右には活性炭のパック、左にはスドーのポーラスリングを
隙間いっぱいに詰めてあります。

真ん中にはウールがなんとなく入れてあります。あまり効果は無いようです。
吹き出し口にウールが巻きつけてあるのは、吹き出し口の隙間から集まった
ゴミが出ていってしまうので、出口を塞いでいます。


○水槽台の中はエーハイム2213が2つ。
DSC00323-2.jpg
左はサブフィルター(大きなゴミとかうんこがたまる濾過槽です)
なので、2ヶ月に一回くらい掃除します。ろ材は最初についていた
マットとかです。

右は生物濾過を期待してテトラのバイオボールが目一杯詰めてあります。
あまり掃除すると良くないそうなので、こっちはずっとほったらかしです。

○吸水口にはエーハイムのプレフィルターを着けています。
DSC00322-2.jpg
サブフィルターの前にさらに大きなごみをここで濾し取ります。
これはすぐに目詰りを起こすので4日に1度くらい、水道水でがっしがっし
洗っています。水槽内で一番汚れる場所です。
(※フィルター類は飼育水で洗うのが基本です。他の場所は全部丁寧に飼育水で洗っています)


左上に浮いているのは餌入れです。
これに入れると餌が散らばらず、掃除が楽です。

○カメ。
DSC00324-2.jpg
冬になってあまりご飯は食べませんが、毎年のことなので
ゆるく見守っています。


○参考になるかもしれないので使用している用具などを書いて
おきます。

照明と保温器具
・ニッソー スライドアーチ6090 (照明を吊る奴)
・カミハタ ヴォルテス UVB27W (紫外線灯)
・ジェックス スワンプグロー 防滴ランプ 50WPT3780 

・ニッソー シーパレックス300 (サーモスタット)
・ニッソー パワーセーフPRO 200W (水中ヒーター)


濾過器など
・スドー 外掛式産卵飼育ボックスサテライトL (自由スペース)
・テトラ ロックフィルターRF60
・エーハイム2213
・エーハイムプレフィルター

温度計
・ニチドウ 爬虫類・テラリウム用 デジピタ マルチ温度計
・ニチドウ マルチ水温計


○あと生体です。

・クサガメ 1匹 (15~16センチくらい? 黒化も終わったのでもう大人!)
・和金   5匹 (これからまだでかくなるので隔離を計画中)
・イシマキガイ 5匹(1匹行方不明。濾過槽に迷い込んだぽい)



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)