FC2ブログ

冬眠へ向けて

  • Day:2015.11.30 19:10
  • Cat:かめ

 カメを冬眠させるための最後の水替えと体調チェックをしました。

DSC01612.jpg






 思ったよりむっちりしているのでいけそうな気がします。体もずっしりと重いです。

DSC01613.jpg

 水温はまだ10度を切りませんが、カメの動きはだいぶ緩慢になってきています。このまま冬眠できるといいと思います。自分の住んでいる地域はわりと温暖な気候なので、水温は日陰でもまだ10度から13度ほどあります。ケースの周りの保温を強化して水温の変動をもっと少なくしてやりたいところです。できる限りのことはやったつもりなので、このまま眠ってくれることを祈っています。
 あと写真は撮っていないですが、このあと水苔をどっさり中へ入れました。




水槽を片付けました。

  • Day:2015.11.23 19:02
  • Cat:かめ
 
 連休は熱を出して寝込んでいました。月曜になって元気になったので、休んでいてできなかった掃除などをして過ごしていました。





 今日は水槽を片付けました。正確には先々週に半分、今日は残りの部分を片付けました。最初はエーハイム2213を取り外しました。これだけで一時間半くらいかかりました。

DSC01607.jpg





 そして後日、水槽の水を抜きました。カメの冬眠明けまで取っておけばいいのですが、水槽の保存方法や来年は引っ越しが控えていることも考えて、だいぶ迷ったものの結局処分することにしました。
 まず水槽の保存方法なのですが、一度水を張った水槽は使わないときも常に水を満たした状態で保存をしないといけないそうです。乾燥でシリコンが駄目になってしまうからとのことです。それと仕事が変わるので(まだ新しい仕事は決まっていないのですが……)引っ越しもよい機会なのでしてしまおうと思っています。まだ引っ越しは春以降になりますが、それまで水だけが入っていて何もいない水槽がずっと部屋に置いてあるのもどうかと思ったので……。

DSC01610.jpg

 それと水槽の下のアクリルケージですが……。我慢できずにヒョウモントカゲモドキの飼育設備一式をそろえてしまいました。まだ中には何もいません。ここ二週間ほど温度や湿度のコントロールの仕方、床材の吟味を繰り返しています。管理自体は楽そうなので、もしかしたらヒョウモントカゲモドキを飼ってしまうかもしれません。前回と言っていることがめちゃくちゃで申し訳ないです。




 水槽はすっきりしました。

DSC01611.jpg

 この水槽を使ったのは一年とちょっとになるでしょうか。短い間でしたが、この水槽でもいろいろな思い出が残っています。あと正直管理が大変でした。それも水槽を片付けた理由のひとつです。カメが寝ている間に、また新しい管理方法を練って春を迎えてやりたいです。
 カメの冬眠の状況についてはまた次回まとめて書きたいと思います。

飼育書が届きました。

  • Day:2015.11.09 21:32
  • Cat:日記

 飼育書が二冊届きました。ヒョウモントカゲモドキの飼育書とレオパ・クレスの飼育書です。さっきまで、ざっと目を通して内容を確認していました。

DSC_0108.jpg

 去年あたりからずっとトカゲを飼いたいと思っていて、インターネットで何度も飼い方を調べていました。そして今回、飼育書を買ってみることにしました。生き物を飼うにはまず慎重に下調べをした方がいいからです。

 で、飼うのか? ということなんですが、結論から言うと飼いません。

 なぜなのかと言うと今年カメを冬眠させるからです。なぜ冬眠させるからだめなのかと言うと、その動機が「大きな地震によって停電が起き、保温器具が長期間使えなくなったとき困るから」というところから来ているからです。

 ここで新しく冬期の保温が必要な生物を飼育してしまったら、やっていることが全く矛盾することになってしまいます。これはカメへの責任放棄と変わりがありません。

 本が実際に届いて、読んでいるときにはっと気がつきました。冷静になれてよかったです。実はチャームで必要な道具をカートに入れて、見積もりまで済ませていました。危ない危ない(汗)

 ひとまず、今の悩みにいちおうの答えが出るまでは、新しい生き物の飼育は控えておこうと思います。いや……でもかわいいんですよねヤモリ。写真で我慢します。

iZooに行きました。

 iZooへ行ってきました。これで4回目くらいでしょうか。前回の訪問記録はこちらからご覧になれます。

 アンディランドは3回行ったので、それを含めたらこれで7回目となります。好きな人からしたら自慢できる回数ではないかもしれませんが、今のところ4年連続で行っています。位置的に頻繁に行ける位置ではないので、頻度は少ないですができれば伊豆に定住したいくらい好きです。ちなみに定住第二候補地は「チャームの隣」です。
 で、超雨男のぼくにしては今回の旅はすばらしく良い天気でした。





 まずは足柄サービスエリアから。

DSC01559-2.jpg

 槍が刺さっています。他にもエヴァンゲリオンの人形とかがたくさん置いてありました。知らずに行ったのでびっくりしました。





 大きいエヴァンゲリオン。

DSC01554-2.jpg

 なんかすごいんですけど、どこかむず痒いです。作品としてはぼくが小学5年生のときのものです。そのころは、そういったアニメを見るのが恥ずかしいと思っていて、親兄弟に隠れて見たものです。むずむずするのは、その記憶が呼び覚まされるからなのかもしれません。
 ですが今ではすっかり国民的アニメになってしまいました。ずいぶんと世間は寛容になったものだなと思います。






 iZooに到着しました。

DSC01560-2.jpg






 アンディランドのころと変わらぬゾウガメ像。見ると安心します。

DSC01561-2.jpg





 入ってすぐのところにアルビノのグリーンイグアナがいました。

DSC01562-2.jpg

 でかいです。





 ミミナシオオトカゲの赤ちゃん。ちょっと人を選ぶ見た目です。

DSC01575-2.jpg

 か、かわいいですね!





 ヒロオビフィジーイグアナ。

DSC01579-2.jpg

 なかなかいいアングルで撮れた気がします。イケメンのイグアナですね。





 で、今回の目的。ウミイグアナです。

DSC01587-2.jpg

 すっごい海っぽいケージです。






 そして生まれて初めて見たウミイグアナ。

DSC01583-2.jpg

 遠くでよく観察できなかったのが残念でしたが、感動しました。





 水槽はすごいじゃぶじゃぶしていました。もっとお金をかけた水族館なら全体に波を表現したかもしれませんが、これはこれで好きです。

DSC01585-2.jpg






 ブラックマンバ。なんか同じ姿勢で固まっていました。どういう理由なのかわかりませんが、しばらく見ていても同じ方向を見つめたままでした。

DSC01588-2.jpg






 キアシガメとアカアシガメ。どろんこで楽しそうでした。うちのカメも草むらや泥の中で好き勝手遊ばせてやりたいです。

DSC01594-2.jpg






 いつもと変わらない、ゾウガメ牧場。

DSC01596-2.jpg

 家族連れの横に立っている係の方は、カメレースの実況をされている方だと思います。というのもちょっと顔つきが変わってしまったので確信が持てないからです。去年よりさらに血色の良い顔をしていました。アンディランドの頃はもう悲壮感が漂って、体もがりがりで心配だったのですが、元気そうでなによりです。





 クサガメとミシシッピアカミミガメとタイワンハナガメの池。

DSC01599-2.jpg

 カメの甲羅干しパラダイス。

DSC01601-2.jpg

 眼福ですね。







 ワニガメは外に移動していました。

DSC01604-2.jpg

 ここなら静かで落ち着きそうです。



 伊豆は今回も最高でした。また行きたいと思います。