FC2ブログ

だんだんと冬

  • Day:2015.10.31 13:11
  • Cat:日記

ビバリウムガイド71号を買いました。
表紙のインパクトがすごいです。
本当にビバリウムの専門誌なのかと、しばらく考えてしまいました。

DSC01551-2.jpg

今回は虫の特集ということで、すこし苦手な内容でした。
虫はぞわぞわしますよね。

どこかのウェブサイトで虫の進化は謎が多く、実は宇宙から来た生き物である可能性があると書かれているのを読んだことがあります。
まあオカルトなんですが、どこか納得してしまうところがあります。

人間より遙かに小さな体をしているのに、なぜ逃げ出してしまいそうになるくらい怖いのか。虫なんかより何十倍も体が大きいのだから、恐れることなんてないはずなのに。

もしかしたら、虫はかつて地球上を支配していた古き邪神たちの眷属で
彼らが人間の深層心理に植え付けた宇宙的恐怖を呼び起こすのかもしれません。

……そんなことはないと思いますが、なんであんなに怖いんでしょうね。




カメはまだ元気にしています。
さすがに水温が下がってきて、動きが緩慢になってきています。

DSC01553-2.jpg

来週末には、気温が10度近くまで下がる予報が出ています。
冬がだんだんと近づいてきています。

やりました

  • Day:2015.10.21 19:39
  • Cat:日記
先日少し記事に書いたぼくのお話が賞を受賞しました。

8月から9月末までストリエという実験的な文章表現の投稿サイトで
「君が壊すセカイ。セカイ系ストーリーコンテスト」が開催されていました。
そこへぼくも投稿をして参加をしました。

確か条件は
・世界が終わるストーリーであること。
・規定のイラストを使用すること。
の2点でした。

そこでぼくの投稿した作品タイトルは
『方舟に連れてくるやつを間違えて死にたい』
ペンネームはpinyo。

内容はセカイ系のお話のパロディ的な作品になっています。

受賞の様子は以下のリンクから
「君が壊すセカイ。セカイ系ストーリーコンテスト結果発表」
http://storie.jp/feature?top_id=80&detail_id=78

昨日30回以上確認したので本当です。



スクリーンショットも撮りました。

スクショ


もう情報を知ったとき「何かの悪いいたずらなんじゃないのか?」
そして今朝起きたときも「実は夢オチなんじゃないのか?」
とぶるぶる震えていました。

でもどうやら本当らしいので、友人にメールで連絡して親には電話で報告をしました。
親の感想は「よくわからなかった」でした(笑)
いろんな人にわかるように精進していきたいと思います。

昨日はウィスキーがぶ飲みしても目が冴えきって全然眠れませんでした。
今もまだこの事実が飲み込めず指が震えています。(お酒的な理由ではありません)

今回はかなり気合いを入れて書いたので、それが評価されて本当に嬉しいです。
嬉しくて男泣きしました。

いささか狭い界隈ではありますが、これが初めて世間に評価された作品となります。
もしちらっとでも読んでいただければ幸いです。

また頑張って作品書きます。

冬眠できるかも

  • Day:2015.10.18 13:40
  • Cat:かめ
衣装ケースに移動させたカメはだんだんと落ち着いてきています。
ここ2,3日は陸地で休むようにもなりました。

もう9月からずっと興奮しっぱなしで、かなり心配でした。
気温の変化を受け入れたのではないかと思います。
もう1週間落ち着かないようであれば冬眠をやめて、一度医者に連れて行こうと思っていました。

でもたぶん大丈夫かなぁ……。

ぼくの見立てとしては興奮の理由は「温度の低下から暖かい場所を探している」と見当をつけていました。
夏から変化のあった要素が「温度」くらいしか思い当たらなかったからです。
それと飼い主の姿を見ても異常に興奮するので、ケージの片側を遮断して興奮の要素を減らしたことも、よかったのではと思っています。
これで落ち着かなければ、内科的な理由だと判断しようと考えていました。


弱っている様子は特にないです。
なのでこのまま冬眠にこぎつければいいなあと思っています。




下は現在主のいない水槽です。

DSC01550-2.jpg

エビが今は11匹います。1匹死にました。
ヤマトヌマエビが9、ミナミヌマエビが2です。

この水槽はカメが無事に冬眠できたら、たたんでしまおうと思っています。
せっかく3年くらいかけて作り上げた環境なのですが、これはこれで不便なところがあるので……。

あと満水まで入れてある90センチスリム水槽は細身とはいえ、8畳のアパートでは結構威圧感がありまして、ちょっとストレスに感じるようになっていました。

今回の冬眠準備に関しても地震への不安が動機になっているわけで、春までの数ヶ月の間に水槽を安全な設置法に変えようと考えています。

具体的にはガラス水槽から、衣装ケース飼育に変更する予定です。
濾過器はないと困るので、そのへんのアイデアを今練っているところです。

あとカメが8歳になりました。
順調にいけば、まだ20年近くは一緒に過ごすことになります。
お互いに良い距離感を保っていければと思います。




冬眠の準備

  • Day:2015.10.11 16:59
  • Cat:かめ
冬眠用のケージが届いたので移動させました。
サイズは57 x 38 x 32で部屋の水槽から大幅にサイズダウンしています。

DSC01547-2.jpg

それによるストレスはあるのでしょうけど、慣れないケージに冬眠時にほいと移されるほうがきついのでは……? と思い移動させました。

DSC01548-2.jpg

ぼくは中学のころからカメを飼っていますが自分の手で冬眠させるのは10年以上ぶりです。
さっぱりわからないので、家にある飼育書を読み直し、ネットで9月の間ずっと検索して調べていました。

DSC01549-2.jpg

夏の間、うちのカメはよく食べていて肉もついているように見えるので、きっと大丈夫でしょう。
準備に時間はかけたものの不安です。

今の水温は18度前後で順調に下がってきています。
成功するといいなぁ。

書けました。

  • Day:2015.10.04 13:08
  • Cat:日記
以前ちらっと書きましたが、ストリエというサイトにて作品を公開しました。
このサイトは最近できたある種、実験的な試みを行っている場所です。
公式サイトにも書かれていると思いますが、漫画と小説の中間のような表現ができます。

これからこの表現方法がどう受け入れられていくのかはわかりませんが、新しいことはやったほうがいいと思い書いてみました。
また「小説家になろう」や「エブリスタ」のような有名サイトと比べて、人口がまだ少ないので気後れせずに投稿することができるのがいいです。

『方舟に連れてくるやつを間違えて死にたい』
というタイトルで投稿させていただきました。
お時間があれば読んでもらえると嬉しいです。



今回は「セカイ系コンテスト」に応募する作品として作りました。
とは言えまったくどうしていいやらわからず、いわゆるセカイ系の作品を思い出しつつ作品を構想しました。

自分が知っているセカイ系と呼ばれる作品と言えば……
エヴァンゲリオン
ほしのこえ
最終兵器彼女
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
ぐらいで、あまり詳しくはありません。
いやこれくらい知っていたら上等なのかもしれません。

8月と9月をまるまる使って、なんとか形に仕上げることができました。
苦労したポイントは、アパートに越してきた人がたいへんだったのと、今まで作品を書くときにきちんとしたプロットを書いたことがなかった。
この二点でした。

少し休んだら次の作品に向けて頑張っていきたいと思います。