FC2ブログ

食べた。


今日餌を与えたら食べました。
実に17日ぶりの食事。


DSC01112-2.jpg

久しぶりの飯でも一瞬で終わります。
いやあ嬉しいですね。

カメ飼育環境更新。

 だいたい週一の水替えの日でした。ここ最近、水槽の全景を載せていなかったので久しぶりに撮りました。

DSC01109-2.jpg

 変更点はそんなにないのですが覚書程度にスペックを書いておこうと思います。またかよという感じかもしれませんが、こういう記録が好きなのです。すいません。

○生き物 クサガメ、ヤリタナゴ、石巻貝、ミナミヌマエビ
○ケージ ニッソーNS-11MS(90×30×37cm)
     陸地は自作でアクリルと木枠でできています。
○底床  礫Mサイズ10キロ
○照明  カミハタヴォルテス×2(ヴォルテス用の紫外線灯×2)
     ライトリフトはニッソースライドアーチ6090
     タイマーはGEXアクアクロックデュアルタイマーです。
○保温  ニッソー パワーセーフプロ200W
     サーモスタットはシーパレックス300
     ゼンスイ ミニック60W
○濾過  エーハイム2213×2(片方はサブフィルター)
     目詰まり対策にエーハイムのプレフィルター
     テトラロックフィルター
     水作エイトM
○水槽台 プロスタイル900L LOW木目Z012 90cm水槽用
○その他 エアポンプに水心SSPP-7S、SSPP-3S
     エアストーンはバブルメイトS103-H
     温度計はニチドウマルチ水温計

 だいぶお金かかってますが少しずつ買い足していってこの状態になりました。ごてごてしてるように見えるのですが、管理自体は水替えくらいでとても楽です。

DSC01111-2.jpg

 最近は給餌間隔を試行錯誤して悩んでいます。今は週二回飯抜きの日を作っています。その結果、夏よりはよく食べるようになってきました。もっとどんどん食べてほしいものです。 自分自身は小食ですが、誰かがもりもりご飯食べてる姿を見ると幸せを感じます。

再会。


カエルを発掘しました。
実に13日ぶりの再会。

DSC01107-2.jpg

ちゃんと生きてました。
しかも前見た時より大きくなっている気がします。
でも体は軽くなってました。

次いつ会えるかわからないので、これから試しにエサをあげてみようと思います。

それとそろそろ保温強化の季節です。
タナゴを購入した際についてきた発泡スチロールをとっておいてあるので、今年はそれに入れて乗り切ろうと思います。そしていよいよ何を飼っているのかわからなくなるのです。


普段から土の入ったケージを眺める毎日なのに、さらに四方を覆うことになるともうわけがわかりません。
それがベルツノガエルの飼育なんですね。
元々動きを楽しむ種類ではないのは理解していたのですが……。


束の間の再会を楽しむ非常に奥ゆかしい生き物だと思います。
土飼育は本当に楽なのですが、姿が見たい人は土はいれないほうがいいですね。


そして今欲しいフェルナンデススキンクも地中生……。
土がぼくを呼んでいるようです。

久しぶりの日記

  • Day:2013.10.27 19:40
  • Cat:日記

朝日が差し込んできれいだったので寝起きに撮影しました。
でも見返すとそうでもないです。

DSC01103-2.jpg

出窓に置いても青水にならないのはマツモのせいなのでしょうか。
これだけ水草が元気ならガラス面もあまり苔ないようです。

左にあるアジアンタムですが、夏の猛暑でほとんど枯れていたものが再び生えてきました。
シダ植物は強いものですね。







エビも今回はわりとよく撮れました。

DSC01105-2.jpg

水槽にはシマカノコガイも追加しました。
苔をあまり上手に食べないのでガラス面にしましまの模様ができます。


コンパクトデジカメで普段撮っていると、やはり一眼レフが欲しくなってきます。
でもちょっとお高いので躊躇します。
そのうち欲しいです。




最近落ち込みがちなとこに仕事での失敗が重なりここ数日腐ってました。
2日くらい寝まくってだいぶ元気になってきました。
家の生き物たちや、図鑑、ネットで動物の写真などを見ると心の回復が早まるように感じます。

いつもの水替え。

  • Day:2013.10.22 18:29
  • Cat:かめ

そんな大したことじゃないんですが、ポンプとホースが余っていたので水替えに使用してみました。

DSC01097-2.jpg

ですが思ったより揚水力がなくて給水に時間がかかりました。
今は待っている時間にこの記事を書いています。







水替え中のカメ。

DSC01098-2.jpg

いつも通り水替え中は大暴れです。
今日は時間がかかってるのでいつもより多めに暴れています。
これではカメにストレスがかかってしまうのであまりよくないですね。






ポンプとホースの径が合っていなかったので間に別のホースをかませています。

DSC01099-2.jpg

できれば水替えを楽に済ませたいので、やはり専用のポンプを購入した方が良さそうです。
長期にわたるカメ飼育では何よりメンテナンス性が大切だそうで楽できるとこはとことん楽したほうが良いらしいです。来月には買ってみようと思います。


あと体重計が欲しいです。
というか今まで持っていなかった……。
冬場の健康管理に役立てたいと思います。

食欲の秋。

  • Day:2013.10.21 17:35
  • Cat:かめ
本に陸棲種のカメはキノコを食べると書いてあったので、半水棲種のクサガメももしかしたら食べるかもしれないと思い与えてみました。
シイタケを薄くスライスしてあげました。


DSC01093-2.jpg

ですが、最初臭いを確かめたものの……そのあとは見向きもしませんでした。
シイタケおいしいのになぁ。

まあ無理して食べるものでもないのでいいです。
これはこれで経験になりました。







カメは秋が来て食欲が下がってきました。

DSC01095-2.jpg

加温してても毎年こうです。
これからの時期は毎年気を使います。

ヒーター購入。

  • Day:2013.10.20 14:14
  • Cat:かめ
新しくセラミックヒーターを買いました。
ペットゾーンのミニック60Wです。

DSC01090-2.jpg

すっごい小さいです。
チャームのアヒルさんと同じ大きさです。

DSC01091-2.jpg

小型のケージ向けの商品なのはわかっていたのですが……つい新しいものが気になって購入してしまいました。


設置して10分……室温21度、照射距離は15センチほどで26度まで上がりました。
でもほんとは36度くらい欲しいです。
少し置き方を工夫したいと思います。

普段使用しているのが、スワンプグロー50Wでこれだと36度まで上がります。
単純にワット数では予測できないものがあるようです。
体の温まり方にも差がありそうです。

セラミックヒーター自体初めて使用するので、あれこれいじっていこうかと思っています。

浮き草の掃除。


今まで記事にしていませんでしたが、出窓にあるマツモ水槽です。
今日はその掃除をしました。

記事にしなかったのはまあ……あまり見た目がよくないので……。


DSC01088-2.jpg

中にはミナミヌマエビ、ヒラマキミズマイマイ、プラナリア(……)がいます。
蚊が湧くようだったらなにか魚を入れないといけませんが、湧いてないのでそのままです。

マツモのほかにアナカリス、グリーンロタラが入ってます。
あとは石と流木。
低床は大磯中目(?)酸処理済みです。

メンテナンスは足し水くらいで特にしていません。
それと月一回液肥を入れてます。








掃除前の写真。

DSC01077-2.jpg

浮き草がたいへんなことになっています。
確か名前はサルビニアククラータのはずです。


横から見るとたいへんなことになっています。

DSC01076-2.jpg

行き場を失った浮き草が押し合って、隆起しています。












ざっくり取り払いました。

DSC01087-2.jpg

超すっきり。

気温が下がってきて浮き草が枯れてくると、腐って面倒なことになるので思い切ってやりました。







エビ。

DSC01089-2.jpg

ピンボケしているわけではなく、ガラス面の苔のせいでくもって見えます。
水温は20度。

まだ元気にせっせと何かを食べています。







最近、爬虫類を増やしたい欲求にかられています。

欲しいのはクレステッドゲッコーかフェルナンデススキンク……どちらもかわいくて悶絶しそうです。
でも今は写真を見るだけで満足するようにしています。





特にフェルナンデススキンクがいいですね。
画像は検索して見つけたものですが、こんな感じです。


1 006

かわいすぎてやばいです。

しかしネックなのが、主食が昆虫なとこです。
生餌はなぁ……と思い躊躇してしまいます。

それにもう生き物はできるかぎり増やさない方向で考えているので、やはり飼うのは当面の間ないと思います。
たぶん。

発掘作業。

定期土交換の日なのでカエルを掘り返しました。

DSC01082-2.jpg

生きているのか時々不安になりますが、今回も元気そうにしていました。









大きさ比較写真。

DSC01083-2.jpg

止まってる被写体もまともに撮れません。残念です。
そしていつもトイレがバックですいません。
ユニットバスの宿命なのです。

少し見ない間にまた大きくなった気がします。







カエルの脱皮の様子。

DSC01086-2.jpg

皮膚食べてます。
カメの水槽からの明かりが反射して少し見づらいです。

きれいにつるんとむけますね。
体がぴかぴかになりました。

変わらないカメ。

  • Day:2013.10.12 17:16
  • Cat:かめ
特にこれと言って新しいことをするわけでもないので、変化なく過ごしています。

DSC01078-2.jpg

もしかしたら重大な何かが起こっているかもしれませんが……。
餌食いも変わりなく、糞もよくしているので大丈夫だと思います。

しかし甲羅の成長線に苔が生えているのはよくないと聞きました。
紫外線が足りてないとのことです。
ヴォルテスでは足らないのかなぁ…。

紫外線灯をUV-Bの照射量のもっと多いものに変えたほうがよいのか悩んでいます。








水作はあめ色に色づいてきました。
いいかんじです。

DSC01079-2.jpg

それと気になるのがタナゴの尾ひれです。
わかりにくいですが、一部茶色くなっている部分があります。




購入直後の写真。

DSC01014-2_20131012165401849.jpg

このときは肉がむき出しになっていて、赤くにじんでいる様子もありました。

傷口はふさがったみたいなんですけど、魚の傷がどのような過程で治るのか詳しくないのでわからないのでなんとも言えません。
隔離水槽が用意できないので、毎日様子を見るだけです。

それとタナゴが一匹いなくなりました。
どこかへダイブしたのかと思って探したものの発見できていません。
カメに食べられたのかもしれません。


あとそろそろヒーターの買い替え時です。
上部につけている保温球をセラミックヒーターに、水中ヒーターを新品に交換します。
初冬眠も考えていますが、ちょっとまだ勇気がでません。

一週間経ったので

  • Day:2013.10.01 18:03
  • Cat:かめ
blogramというランキングサイトに登録しているぼくのブログですが、9月の爬虫類ランキング2位になりました。
ありがとうございます。
これからも変わらぬカメ水槽とカエルケージの様子を伝えていきたいと思います。



それでいつも不思議なのですが……
アクセスカウンターが回っても一日20アクセスだとかのブログなのになんで? って思ってしまいます。
他のブログのほうがずっと読者も多いし、アクセスも多いのにかなり謎です。

日によってはゼロの日もあるのに……。
それだけ満足度が高いということなのでしょうか。ありがたいことです……。









それで砂利を敷いてから一週間経ったカメ水槽の様子です。

DSC01069-2.jpg

変化なしです。










水作はこんな感じ。

DSC01070-2.jpg

多少は物理濾過をしてくれていますがフィッシュレットには程遠いです。
糞などはやはり砂利の底にたまっているようです。

でもマットが色づいてきて、バクテリアが住みはじめたのがわかります。
もっと熟成が進んでいくと神のごとき濾過能力を発揮するそうなので楽しみです。








砂利の表面は苔も出ずきれいです。

DSC01071-2.jpg

これからまたどうなるかですね。
経過が気になります。