FC2ブログ

ディフューザーを取り付けた。

  • Day:2013.08.31 14:08
  • Cat:かめ
せっかくあるので使ってみようと思い、エーハイムのディフューザーを取り付けてみました。

DSC01017-2.jpg

魚が流れに逆らって泳ぐ姿が見えます。


DSC01020-2.jpg

気泡もかなり細かいですね。
とてもきれいです。

ごみの集まり方や、水草の位置次第で調整または撤去もありますがしばらく様子見です。
それ以前にカメのエサがどう流れていくのか予想できないです。
基本的にはカメ優先ということで。

カメはレイアウトがいじれないので、これくらいの遊びしかできないですね。

それとサーモスタットと温度計のセンサーはコーナーカバーの中に隠しました。
少しすっきりしました。

新しいタンクメイト

  • Day:2013.08.30 18:15
  • Cat:かめ
チャームでセールをしていたので、ヤリタナゴをタンクメイトとして新たに入れました。
網やフィッシュレットでは取りきれない残り餌を食べてもらおうと思い導入しました。
正直エビはあんまり仕事してない印象ですし。
カメが怖くて表に出てこれないというのもあると思いますが……。

DSC01014-2.jpg

全部で4匹です。
輸送中にケンカしたのか一匹だけ尾がかじられてました。
トリートメント用の水槽に移すかどうかちょっと考えています。
用意できれば移したいです。


DSC01013-2.jpg

最大で体長が10センチくらいだそうなので安心です。
かなりすばしっこいのでカメは早々に食べるのをあきらめました。

わりと底の方を泳ぐ魚なんですね。あまり水面には近寄りません。
慣れたら水面を平気でふらふらするのでしょうか。

あと川魚ということもあり、水流をがんがん作ってやった方がかっこよく育ちそうです。
ですがたぶん実行には移さないと思います。
カメのエサが流れていっちゃいますからね……。







話は変わりますが、先日作成したコーナーカバーはまだ破壊されてません。
キスゴムでしっかり張り付いているようです。

それと最近、カメの脱皮が激しくすごい量の皮膚が水面を漂っています。

水槽上部のガラス面が白く曇っていますが、これはカルシウム汚れではなくカメの皮膚です。
掃除しなくてはと思いつつ放置してあります。
そのうちきれいにしたいところです。

コーナーカバーのようなもの

  • Day:2013.08.26 13:18
  • Cat:かめ
鉢底ネットとキスゴムと結束バンドでこのようなものを作りました。

DSC01003-2.jpg

水槽のコーナーカバーです。








設置するとこんな感じ。

DSC01005-2.jpg

これ以外にプレフィルターを保護する方法が思いつきませんでした。
カメに毎日がしがしやられて、パイプの部分が傷んでしまうのではないかといつも心配していました。
これで大丈夫?








上から。

DSC01006-2.jpg

設計ミスで直角になりませんでした。
鉢底ネットは柔らかいので枠が別に必要かと思いました。
それか塩ビのパンチングボードを使えばもっといいかもしれません。

とりあえずこのままだとカメに破壊されるのは目に見えてるので、またしばらくしたら元通りになると思います。

ささみあげた。

  • Day:2013.08.22 17:54
  • Cat:かめ
少し食欲が落ちてきたので、カメさんにささみをあげることにしました。
余った分は冷凍保存です。

DSC01001-2.jpg

キッチンばさみで切って、細かくしてあげました。

食欲が落ちたというか配合飼料に飽きてきたのかな。配合飼料の食いがいまいち悪いです。
年齢によって嗜好性が変化するということなので、今は配合飼料は好みではないのかもしれません。

レプトミンも食べなくなって、キョーリンの教材用の丸いやつも食べません。
今あげているカメプロスは比較的食いつきます。


DSC01002-2.jpg

結構食べてます。
さすがに生肉を水槽で与える気にはならないので、風呂に移して与えました。
(生肉はアンモニアの発生がやばいみたいです)


トマトをよく食べると聞いたので安いときにまたあげてみようと思います。
カメは果物をよく食べるものなのですが、うちのは果物にはあまり興味はないようです。
その辺は個体差ですね。


植物で好きなのはチンゲン菜の白くてやらかいところ、ホテイアオイ(めっちゃ食う)、タンポポの葉などの野草、他はいまいちです。店で売っていて、人が食べたらおいしい野菜にはあまり関心がないです。
動物質で好きなのはエビ、イカ、貝、魚の切り身(なんでも)、鶏のささみ、あたりです。

小赤とかは本当は食べたいんでしょうけど、捕まえられないのであきらめているようです。
メダカは積極的には食べないですが、腹が減ったら食うという感じです。

どんどん食べて元気に過ごしてほしいものです。

停電

帰省と停電後のネット復旧に手間取ってしまい更新の間が空きました。


でアパートに戻ってきた直後の話なんですが……帰るとすごい室温で驚きました。









温度計を見ると……。(これは温度計の最高気温の記録です)

DSC00997-2.jpg

うぇぇぇ、し、死ぬぅ。
どうやら停電のせいでエアコンが止まってしまったようです。
とすると、激しい雷雨のあった12日から帰ってきた14日までの間ずっとこの温度だったということです。




恐る恐るケージをのぞくとカエルがぜーはー息をしながら座っていました。
生きてました。
急に冷やすのもよくないので、エアコンで室温を下げながらじょじょにケージの温度も下げていきました。








4日後の写真です。

DSC00999-2.jpg

そこにはいつも通りのカエルのふてぶてしい姿が……!
ほんとに死ぬかと思いました。








カメも元気にしていました。

DSC01000-2.jpg

水槽に入れていたメダカは全部いなくなっていました。
たぶん食べられたんだと思います。


小型水槽で飼育しているメダカは生きていました。
こちらの水温も38度弱。
メダカはお湯の中でも生きられるようです。

残念ながらエビはかなりの数が死んでしまいました。
メダカ水槽では2,3匹死んだようです。残り2匹になってました。

カメ水槽ではフィッシュレットの中でどろどろになっていたのでよくわかりません……。


自分のアパートでこの温度は初めてでした。
あと長期外出中の停電の対策はどうにもなりませんね。
やはり生き物を増やすのはできるだけ控えたほうがいいようです。

メダカを買ってきた。

  • Day:2013.08.07 18:00
  • Cat:かめ
あさってから帰省する予定だったのを思い出して、カメの非常食としてメダカを買ってきました。
全部で20匹買いましたが、残念ながら持って帰ってくる途中で一匹死んでしまいました。

あんまり積極的に食べる様子は見たことはないですが、お腹が空いたら食べるでしょう。






水合わせ中。

DSC00984-2.jpg

教科書通り30分に一回半分の量を捨てて飼育水を足していきます。











水槽に移しました。

DSC00987-2.jpg

水の流れが強いのでちょっと辛そうですね。











カエルのケージも掃除しました。

DSC00985-2.jpg

エアコンでかなり乾燥するので最近は蓋を半分サランラップで覆っています。
白いお椀は練り餌を作るためのものです。
置き場所がないので上に置いてあります。


右にちらっと見える水槽ではベタを飼おうと思っていてブラックウォーターで水作りをしている最中です。
本当に入れるかどうかもまだ未定です。
失敗の過程になるかもしれませんが写真だけは逐一撮っているので、気が向いたらまとめてみようと思います。


手動式エアーポンプを買った。

新宿の某アクアショップで手動式エアーポンプを購入しました。

DSC00978-2.jpg

電動ポンプと同じ値段です。
いったいどれほどの効果が……!









中身はこんな感じ。

DSC00979-2.jpg

手で押すポンプ部分とホース、エアストーンが入ってました。
念のためですがペットボトルは付属してません。

ペットボトルは500mlのサイダーのやつを使いました。










使っている様子。

DSC00982-2.jpg

ポンプにはひねりがついていてエアーの吐出量を調整出来ます。
最大近くにするとこんな感じ。すっごい空気出ます。

でも……これだと30分もしないうちにエアーは切れてしまいます。









できるだけ抑えたとき。

DSC00981-2.jpg

これだと2時間くらいもちます。

あと当然ですが電動とは違い、エアーの「しゅわー」という音以外、無音です。
つかぼくの部屋ではエアポンプ3つと空気清浄機とエアコンの音にかき消されて、それすらも聞こえません…。
でも最大にすると空気の「しゅー」と抜ける音がしてきて、ちょっと気になるかもしれません。


8時間くらいもつんだったら、メダカの濾過槽のうるさいポンプと交換しようと思っていたのですが……。
1.5リットルのペットボトルも使えるようなのでそちらも今度試してみたいと思います。

電池がいらないし川とか行ったとき便利そうですね。
金属のネジが使ってあるので海は厳しそうです。

エーハイム2213の掃除

  • Day:2013.08.03 13:04
  • Cat:かめ
久しぶりにカメ水槽の濾過槽の掃除をしました。

DSC00971-2_2013080312202900f.jpg

前回はいつだったかもう忘れました。
去年の12月だったかもしれません……。













とりあえず手順通りにダブルタップを閉めました。

DSC00973-2_201308031220474d1.jpg

排水(水が出る方)、給水(水を吸う方)の順で閉めます。















サブフィルターの中から出てきたやつ。

DSC00974-2.jpg

汚泥が全くなかったので不思議に思っていたんですが……こいつの仕業のようです。
元気そうにしていたので、またフィルターの中に戻しておきました(おい)










掃除が終わったので濾過槽に水を満たします。
やりかたは簡単でダブルタップを接続しなおした後、最初とは反対に「給水→排水」の順で開くだけです。

DSC00976-2.jpg

手順を間違えるとこの部分から水が抜けてしまって、再度呼び水をし直さなくてはなりません。
このパイプ部分と給水のホースからダブルタップの先までが水で満たされていればOKです。


手順通りに開けば自然とサイフォンの原理でフィルター内に水が満たされていきます。










最後にメンテした日付を貼り付けておしまいです。

DSC00975-2.jpg

次は2月ですかね……。

岩手旅行

気分転換のため、岩手まで旅行に行っていました。


遠野駅。
着いたときは曇りでした。

DSC00878-2.jpg

柳田國男の『遠野物語』を読んで予習もばっちりして行きました。
目的地は怪談好きには有名な「かっぱ淵」です。











駅前の池にはかっぱの像が並んで立っていました。

DSC00879-2.jpg

きゅうりを手にしてなにやら談笑しているように見えます。















地図を見た感じ6キロくらい離れているようだったので歩いていくことにしました。
(あとで後悔しました)

DSC00954-2.jpg

気持ちのいい田園地帯をひたすら歩いて行きました。
空がとても広くて感動しました。















一時間後……かっぱ淵に到着しました。

DSC00928-2.jpg

遠野物語の一節が載っています。
かっぱって馬とか人の肝を食べるそうですね。
あの鋭い牙は肉を食らうためのものなんですね。













かっぱ淵の様子。

DSC00935-2.jpg

この日は前日に大雨が降ったのでかなり水が濁っていました。
自分以外にも観光客はちらほらいましたが、静かに川を見れてよかったです。











かっぱの置物。

DSC00912-2.jpg

きゅうりとなぜかピーマンがお供えしてありました。
ピーマン食うのか……?














近くの駐車場横の謎の広場。

DSC00949-2.jpg

田舎の観光地にありがちな謎スポット。
ぼくはこういうの大好きです。













その脇に置いてあったオブジェ。

DSC00951-2.jpg

狂気を感じます。














昼食は近くの食堂でいただきました。

DSC00952-2.jpg

このご飯が旅行中一番おいしかったです。
あっさりした料理に見えますが、しっかり満足できる味付けと量でした。

旅行は2泊3日でのんびりぷらぷらしてきました。
1人での旅行は初めてだったので、色々とまどうことも多かったのですが楽しかったです。