FC2ブログ

カメの様子

  • Day:2013.07.25 14:03
  • Cat:かめ
時々、日陰の浅瀬で休んでいます。

DSC00858-2.jpg

意図した通りの使い方を生き物がしてくれると嬉しいです。
陸地が暑すぎると感じる時があるのかもしれません。


毎回同じような写真ですが、撮ったときは「また違う顔が撮れた」と思っています。

DSC00861-2.jpg

あと最近たまに外に散歩に出してやっています。
日光浴もそうなんですが、四肢に十分な筋肉をつけるのが健康に良いそうです。
その時の様子をいつも撮り忘れてしまいます。また今度アップしたいと思います。




心配していたカエルですが、元気になりました。
もしかしたら単純に「乾燥」が原因だったのかも……。
エアコンで加湿器のタンクが半日で空になるくらいの部屋の中なので……そのへんも気をつけたいです。

考え中

カエルの様子が気になるので土の入れ換えのついでによく見てみることにしました。
考えられる限り順番に考えてみたいと思います。



カエルの皮膚は非常に繊細で簡単に傷ついてしまうそうです。
先日プラケースの蓋を開けて脱走したときに傷ついたのかもと思い念入りに見てみました。
とりあえず目立った外傷はないようです。

DSC00852-2.jpg

前足がなんか腫れてるように見えるけど気のせい?
でも両足同じ位置が同じ太さだったのでこういう足なのかも。

それと落ちた時に体を打ったのかもと思いました。カドにぶつけたとかかなぁ。
脱走したのは夜中のことで、ガサガサと部屋を何かが歩く音がして気が付きました。
初めゴキブリかと思っていたんですが「ゴキブリにしては音が大きすぎる」と思い懐中電灯を当ててみると
カエルがいました。

見つけた時、驚いて軽く悲鳴を上げてしまったのは内緒です。

今のところ体を打ったのが一番怪しいかなぁと思っています。






あと最近ハンドリングができるようになりました。

DSC00854-2.jpg

カエルでけぇ……。
ぼくの手のひらはバスケットボールを片手で軽くつかめるくらい大きいのですが、手から溢れてます。
なかなかの貫禄です。






四肢のつけ根が赤く腫れている様子もなくレッドレッグ(不潔だとなる病気)でもないようです。
気になった前足も前から見ると普通に見えます。



さらに有名な病気というとカエルツボカビ症なんですが……正直言ってよくわかりません。
症状としては環境省のホームページで確認した所「元気や食欲がなくなり、縮こまった姿勢をとったり、口を開けたりし、発症から数週間で死に至ります」とあります。


「元気がなくなる」というところがひっかかりますね。
カエルツボカビなんでしょうか?
もしカエルツボカビは水から感染する病気です。だとしたら感染経路は水道水?
水に浸ってなくても発症するの?
さっぱりです。





余談ですがプラケースは2つ使っています。
(下にトイレが写っています。申し訳ありません)

DSC00855-2.jpg

片方にあらかじめ新しい土を作っておいて、すぐにカエルを移動できるようにしてあります。

移動したあと、カエルは脱皮をしていました。
そしてその皮をもぐもぐと食べていました。

その程度の自然な行動はとれるようです。
なので衰弱とまではいっていないのかも。
体の代謝も正常に見えます。

まだしばらく様子見です。

寝てるのかどうなのか

カエルが元気ないようで心配しています。

DSC00851-2.jpg

こうして最近目を閉じていることが多くなりました。

飼育を始めてから半年ほど経ちましたが、その間目を閉じることはほとんどなく、今のこの状態が気になります。
別に寝てるんならそれはそれでいいんですけど……。

これはどういう状態なんだろうと考えている候補は以下のものです。


・普通に寝てる。飼育環境に慣れてようやくリラックスできるようになった。
 または成長して気持ちに余裕ができた。

・本当に具合が悪い。

具合が悪いとしたら、この時期だとまず気温を疑うべきでしょうか?
エアコンを29度で暑い時間帯は運転させてるんですが、もう少し下げたほうがいいのかなぁ。
あとちょっと乾燥気味なので霧吹きをまめにしてやろうかと思います。

メダカ水換え

今まで記事にしようと思ってしてこなかったメダカ水槽の水換え風景。

DSC00842-2.jpg

自作(笑)のプロホースを使っています。
20センチキューブだとエーハイムのホースが調度良い太さです。

排水は2リットルのペットボトルに流しています。
見た目はあれですが非常に重宝しております。

けっこうばりばり汚れが取れます。






DSC00844-2.jpg

なぜ記事にしようか躊躇していたかと言うと、見た目が悪いからに他なりません。
でもまあいいかなと思ったので、今回書きました。




エーハのホースはほっとくと曲がっていってしまうので、割り箸で補強してあります。
割り箸は園芸用のバンドで縛っています。

エアレーション用のチューブはエーハのホースをバスコークで接着。
チューブの途中でかましてある灰色のやつはスドーのサテライトについていた絞りです。
これつけとくと点滴もできるので水合わせにも使えます。

呼び水はエーハイム2213に使っているポンプを使っています。

全部家にあるものを使ったのでタダで作れました。
でもこれ作るために同じもの買って揃えたら2000円超えちゃうかもしれませんので、お勧めはできないです。
まあ誰も作らないですよね。

水槽の思い出

  • Day:2013.07.14 11:37
  • Cat:日記
明日ついに粗大ごみに出します。
NS-11MSとは長い付き合いでした。

思い出がたくさんあるので今日の記事は少し長くなります。
暇でしたら、お読み下さい。

DSC00840-2.jpg

何年使ったか正確には思い出せないんですが、こいつとちゃぶ台を持って上京してきて11年……
その期間は確実にこいつと一緒に過ごしていたのは間違いないです。
本当にいろいろあったなぁ……。








せっかくなので古い写真を引っ張り出して来ました。
これは画像フォルダにあったこの水槽の写真でたぶん一番古いもの。

画像-0913-2

撮影日時が2008年。
携帯にカメラがついてからは撮影が楽になりましたね。
カメを小さめの水槽からこの水槽に移した直後ぐらいの写真だと思います。

この時にエーハイム2213を使っていたのに驚きました。全く覚えてない……。
なぜ外したかというと、この頃は毎回全換水していてその度に呼び水をしていてそれが恐ろしく面倒だったからなんじゃないかと……想像ですがそんな感じ何じゃないかと。

生物濾過にも理解がなかった頃でもありますね。







これが2009年。

画像-0998-2

砂利敷いてる……!

それに人工芝も敷いてる……!

砂利はなんか敷きたかったんだろうなぁと思います。
人工芝は右にあるシェルターでカメが甲羅をこするときにゴトゴトうるさいので、その緩衝材として置いていました。

大学を卒業して、演劇のようなことをしていた時期ですね。
今はすっかりそちらの方面から離れてしまっています。
たまに紹介があって観に行って挨拶をするくらいになってしまいました。
それはそれでちょっと寂しいと思う時もあります。







これが2010年。

画像-1132-2

まだ紫外線灯をつけてませんね。
フリーターで金が無かったんです。
カメには申し訳なかったと思っています。

そしてこのレイアウトでかなりの期間飼育していました。
この年の前後がとても生活が苦しく、毎日絶望的な気分で過ごしていました。
本当に辛かった。

3食を米とパスタ(塩とかで味ついてるだけ)で毎日過ごすのはもういやだお……。










これが2011年。

1335_20130714104728.jpg

紫外線灯がついています!

リッチメンですね!

昔のこと思い出していたら、気分が暗くなってきたので出来るだけ元気よく書きたいです。
この年に今の仕事につき、趣味にお金が使えるようになりました。
カメに急速にお金を注ぎ込んでいっています(笑)










これが2012年。
ぼくごときが生意気にもデジカメを購入してます。

1344 (9)-2

コトブキの水槽台も買って、水槽周りがかなり充実してきています。











で現在。

水槽自体の話です。
使い込まれたシリコンの様子。

DSC00839-2.jpg

少し爪でかりっとやると、ぺろっとめくれます。
水漏れしなかったのは満水まで水を張って圧力がかかっていたからかもしれません。
今までよくもってくれました。





アップ。

DSC00836-2.jpg

カビが生え、コケが奥まで侵入しています。



今回水槽を床においてみて驚愕したんですが、上から押すと水槽がぐらつくんです。
ガタガタと……。

かなりフレームが歪んでいたようです。経年劣化かなぁ。
そこまで危ない状態だったことに気が付き、冷や汗が出ました。











そして新しいNS-11MSです。

DSC00838-2.jpg

またこいつとしばらく一緒に過ごしていくことになります。
今の自分自身は現在進行形でいろいろやっかいなことにまた陥ってますが、昔のことを考えていたら少し元気が出て来ました。以上、水槽との思い出でした。


やばいかも

プラケースの掃除をしました。
掃除中のカエルの入浴写真。

これは……R-18指定ッ……!

DSC00833-2.jpg

なんかすっごいクランウェルみたいな体色です。
でも赤が入っているのでベルツノです。

純血のベルツノっていうのは、かなり少ないらしくこれも少し血が混じっているのではと思っています。
ベルツノとクランウェルを見分けるポイントは「赤が入っているか入っていないか」だそうです。

DSC00835-2.jpg

先月と全然色が違う気がします。

赤色の色揚げ用の餌を与えているからか、以前より赤が強くなった感じがします。



話は変わりますが、最近すごくカエルが鳴きます。
ここで繁殖行動をとっても問題ないと判断したと考えると、なかなか嬉しいことだと思います。

ですが……ちょっと声が大きいです。
自分は全然構わないんですけど……下の部屋まで確実に響いてます。

だいぶ下調べして購入したつもりなんですが、これは予想外でした。
あんまりうるさいと管理会社に苦情がいってしまうかもしれません。
鳴き声が子犬に似ているので犬飼ってるのかと思われちゃうかも……。

なので今は夜の間だけダンボールをかぶせて対策をしています。

高い

  • Day:2013.07.09 17:32
  • Cat:かめ
帰宅直後の陸地の温度。

DSC00826-2.jpg

ちょっと高い……?

今、部屋は28度設定でエアコンをかけっぱなしにしています。
バスキングライトの熱ってすごいんですね。





水温はそれほど高くありません。

DSC00827-2.jpg

って十分高いですが……。
ミナミヌマエビはバテてしまうでしょうか。
ファンを回したほうがいいのかなぁ。





















話は変わりますがカエルのケージは訳あってプラケースになりました。

DSC00828-2.jpg

理由は単純に清潔さを第一におかないといけないと、先日の一件で身にしみてわかったからです。
こまめにまるっと交換しようと思います。










落ち着いているように見えます。

DSC00830-2.jpg

照明は必要ないとよく言われていますが鑑賞面と、カエルの状態を知りたいのでつけてあります。












それと余った練り餌をメダカの水槽に入れました。

DSC00831-2.jpg

エビが押し合いへし合い奪い合いの喧嘩をしています。
やっぱ魚粉からできているので、美味しいんでしょうね。

あの水槽は今

最近のメダカ水槽。

DSC00819-2.jpg

シマカノコガイの働きによってかなりきれいになりました。
うっすらとコケが生えてますが、これは許容範囲内です。

人に見せるにはあんまり見栄えのしない水槽であまり記事にしていないのですが、不定期にでも報告はしないとなぁと義務感を感じています。
でも水草にコケも生えなくなって安定し始めたかなぁと思っています。




















水槽内に近頃不審物がちらほら目立つようになりました。
流木に白いのがぽつぽつと……。

DSC00820-2.jpg

シマカノコガイの卵だと思います。
たぶん全部無精卵。
あまり気にはしてないんですが、ちょっと気持ち悪いかも。
そのうちなんとかしたいと思っています。





















それともうほとんどダメだと思っていたグリーン・ロタラから新芽が生えてきました。

DSC00824-2.jpg

液肥の効果なんでしょうか。
成長はゆっくりですが、伸びて欲しいなぁと思います。
果たしてメダカがいる間に茂みになるのか。
気長に楽しんでいます。

なんか生えた

  • Day:2013.07.03 16:01
  • Cat:かめ
カエルの水槽に入れるつもりで購入したアジアンタムです。

DSC00814-2.jpg

葉がきれいで捨てるにはもったいないので、なんとなく20センチキューブ水槽に入れて育てています。


今日見たら少し変化がありました。

DSC00813-2.jpg

ちっさいキノコが生えています。
部屋でキノコが生えるという非常事態に驚きを隠せないぼくですが、普段見れないものが見れて嬉しかったです。

プラズマクラスターは役に立っているんでしょうか?
空気清浄機を24時間がんがんにかけているのですが……極めて遺憾に思います。
それとも菌類には効果がないという事なのでしょうか。























買ってから数日経ったカメ水槽です。

DSC00818-2.jpg

底のガラス面がとても美しいです。
以前のものは砂利でこすれた傷で曇っていたのですが、新しいものは底面が鏡のように反射していて感動しました。

心なしか反射で水槽が明るくなったようにも感じます。















カメは相変わらず元気そうです。

DSC00817-2.jpg

元気でなによりです。