FC2ブログ

4週間?

 水換え直後の写真です。あと新水槽立ち上げ後4週間のレポートです。

DSC00418-2.jpg

 水草がぼうぼうに伸びています。順調に硝酸塩を吸収していると思われます。でも硝酸塩濃度は100㎎/L以上あります。前は試験紙で測れる限界を余裕で超えていたのでかなりの濃度でした。水換えをすると当然ですが濃度は半分になります。増え方が少し緩やかになった印象です。pHは7.2~7.6くらいだと思います。サンゴ砂がかなり効いているようです。あとエーハイムプレフィルターを一段増やしました。

 コケも目立つようになりました。

DSC00417-2.jpg 
 
 今までカメ水槽では茶ゴケしか見たことがなかったのですが、明るさが増した影響で緑色のコケが生えました。茶ゴケはイシマキガイの働きでほとんど見えません。水槽内の暗がりのところに若干生えている程度です。メダカは6匹健在です。最初にいた10匹のうち4匹はカエルのお腹の中です。

DSC00419-2.jpg

 今は水換え直後で隠れています。カメは元気です。

DSC00421-2.jpg

 もう成体になったということで、給餌の間隔を2日に1度に変更しました。イカが好きなようで100均で買ってきた冷凍のやつをたまにあげています。ぼくが近寄ると、水槽のガラスに「こつん」と頭をぶつけます。餌を食べる速さで頭をシュッと出してぶつけます。始めは、ぼくに噛みつこうとしているんだと思ってましたが、どうやら頭を出した時に口を開けていないので別の意味があるのではと思うようになりました。もしかしたらクサガメの愛情表現なのかもしれません。実際のところはわかりませんが、とりあえず今はよく人に慣れていてかわいいです。

謎の音

気のせいか最近、部屋でごくまれに

「ぎゅあっ!」「ぎゅあっ!」

という謎の鳴き声のような音がします。

カエルの声? もう鳴くの?

DSC00414-2.jpg

よくわかりません。

ちなみにうちのクサガメはアゴを動かして

「ぎゃっ!」「ぎゃっ!」

という音を出します。こちらは聞き慣れているので気になりません。








別の話になりますが
屋形船で夜の工場の明かりを見に行きました。

DSC00406-2.jpg

なかなかきれいでした。

DSC00408-2.jpg

この写真ではわかりにくいのですが
SFの世界のように感じました。

爬虫類カフェ

二日酔いで文字を打つのがつらいですが今日も更新します。




横浜の爬虫類カフェに行って来ました。

DSC_0008.jpg





フトアゴさん。

DSC_0013.jpg

お店の一角にふれあいコーナーがあって、そこで
触ることができます。







ギリシャさん。

DSC_0010.jpg

他にも何種類も爬虫両生類がいて、美味しいケーキとお茶で
堪能してきました!

めだか

カエル用の生き餌としてカメ水槽にストックされている
メダカたちです。

DSC00402-2.jpg

10匹買ってきて、現在6匹。4匹はカエルさんに与えました。

カメにも金魚にも食べられず、元気に泳いでいます。
餌はカメのおこぼれの乾燥イトミミズを食べています。

カメは以前、メダカを食べなかったので興味が無いのを知っていました。
危険なのは金魚でこいつらは雑食なのでなんでも口に入るサイズなら
食べてしまいます。

ミナミヌマエビがいなくなったのは金魚のせいだと思っています。

うちのカメは生きたエビとかきっと怖いので食べません…。




あとイシマキガイが1匹亡くなりました。

原因はよくわからないのですが、たぶんぼくの知らない所で
長時間ひっくり返ったままだったのかもしれません。

見つけ次第いつも起こしてやっていたのですが…。
(この貝は自力で起き上がることができません)

それが何度も続いて衰弱していったのではないかと思っています。

夕方

  • Day:2013.01.23 19:34
  • Cat:かめ
効果があるかわかりませんが、蛍光灯が消えた後15分遅れで
暖色のバスキングライトが消えます。

一応夕暮れを演出しているつもりです…。

DSC00394-2.jpg

反対に朝は蛍光灯より15分早くバスキングライトが点灯して
日の出の代わりになればと思って、プログラムしています。

さすがにいきなり明かりがMAXでついたらびっくりすると思って
そのようにしています。効果はわかりません(2回言いました)



セットしてから2週間経ったカメ水槽ですが
崩壊することなく順調に安定している様子です。

今はいいのですが、餌によるアンモニアと亜硝酸、そして
高温とバクテリアの活動による低酸素地獄になるであろう
恐怖の夏を乗り越えてこそ初めて安定したと言えるかもしれません。

あと夏の水温に金魚が耐えられそうにないので、クーラーも設置しないと
いけません。カメは最悪水温36度いっても平気なんですけど…。
金魚は間違いなく死ぬでしょうね…。





ブログにうかつなことを書くと仕事に支障をきたすこともあって
書くことにしばらく困っていました。映画や本も好きなのですが
それについて書くのも長続きせず、最近こうして生き物のことについて
書いているのが一番性に合っているのではと思っています。


ブログ7年目にして、初めて楽しくなってきています。

しぼんだ

カメ水槽。

DSC00388-2.jpg

カエルさん用にメダカを買ってきました。
コオロギはちょうど売り切れで買えませんでした。

小赤は少し大きすぎかもと思ったのでメダカにしました。

カメ水槽は一時的に過密飼育になってますが、大丈夫だと思います。
すぐ水替えするし。

アナカリスもずたずたにされることなく、あれから数センチ育っています。

あとミナミヌマエビを5匹入れたのですが、どこにいるのか
もうわかりません!





カエルさんです。

DSC00390-2.jpg

もとのスリム体型に戻りました。
帰宅直後はありえないくらいに膨らんでいたのですが

ポトス(ポトスも追加しました)に水をやったときに、なんかしぼみました!

ひとまず安心(?)ですね。

なにやら…

カエルさんが膨らんでいます。



横から。

DSC00386-2.jpg

今日2回目の餌を与えてから、体が饅頭のように膨らんでしまいました。

調べてみると普段食べないものを食べると消化器がうまく対応できず
ガスが発生してたまってしまうとのこと。

餌は市販の練り餌を与えました。
量は直径2センチくらいの大きさに丸めてあげました。

ショップではコオロギとミルワームを食べていたみたいなので
たぶん今回はこの診断であっているのではと思います。

温浴させておならをさせるのが有効だそうです。





上から。

DSC00387-2.jpg

風船病という体がぱんぱんになってしまう病気もあるみたいですが
そちらとは違うような気がします。

画像を検索するとそちらのほうは手足も膨れあがっていますし
本当に破裂しそうな風船のようになるみたいです。

とりあえず、今晩は様子をみることにします。
もしかしたら明日死んじゃうかも…と少し不安を感じてはいますが…。


カメ飼育の経験しかないので、わからないところもあるのですが
こういう異常が発生した時焦って雑な対処で何かしてしまうと逆にストレスで
弱ってしまうことが多いです。

なのでまた少し調べ物をして落ち着いて対処したいと思います。

かえる買った

16日に先輩のお勧めのセンター北にあるペットショップで
カエルさんを買ってきました。



お店の写真です。

DSC_0004.jpg

店に入ると、すぐに獣の臭いがしてきました。
「……いるっ!」直感しました。


この臭い、苦手な人にはきついと思いますが、ぼくはあまり
気になりませんでした。ここもとても良いお店でした。




購入したカエルさんです。

DSC00382-2.jpg

種類はベルツノガエル。カエル飼育の入門種として有名です。
昨年の秋から飼おうと思い、しばらくネットを徘徊してROMり続けていましたが
ついに購入しました。飼育書も3冊ほど買って読みました。



上からの写真です。

DSC00381-2.jpg

3センチほどのサイズの個体が欲しかったのでちょうど良いサイズです。

店員さんがケースから取り出すときに、ぱくっと指に飛びかかったのを見て
これはいいやつに当たったかも? と思いました。元気ですばらしいです。


今日初給餌をしました。
無事、餌に飛びついて食べたのを見て感動しました。
あとほっとしました。食べなかったらどうしようと結構緊張していました。

これから成長して北斗のハート様みたいになると思うと胸が熱くなります。
でっかく立派になってほしいものです。




カエルケージ全景です。

DSC00383-2.jpg

ケージはコトブキの20センチキューブです。
照明はGEXのLED Lightフラットビーム、ヒーターはみどり商会のピタリ適温プラス1号。
蓋は付属のガラス蓋と、ショップで買ってきた塩ビ製パンチングボードを使っています。

温度計はカメ水槽と同じニチドウのマルチ水温計。
植物はフィロデンドン?
底床はヤシガラ土を使っています。

側面には100均で買ってきた床用のマット。表面がコルクで加工してあって
かっこいいです。
あと上の重しはペットボトルです。


中の水温?ですが、カエルさんのいる辺りは最高29度、最低22度をキープしています。
ちょうど良さそうです。





温度に関してですが、ずっと勘違いをしていました。

マルチ水温計は本体部分(温度が表示されている部分)と
センサー部分(水槽内の細い部分)とで別々に温度を測ることができます。


それを本体に「IN」と「OUT」と書いてあるスイッチで切り替えることが
できるのですが…。

それをずっと本体部分で温度を測れるのを知らず、「IN」というのは水温で「OUT」
というのは外って意味なんだから外気の温度、つまり気温だとよくわからない勘違いを
していました。(当然温度を測れるのはセンサー部分だけだと思い込んでいます)


なので今まで温度を調整する際、確認していたのは本体が置いてある自分の部屋の
気温だったのです。ケージ内の温度は確認していなかったのです。

それは10度を切るわけです。
説明書をなんとなく検索した時にこの事実が発覚しました。
気づいたあとは非常に話は早く、今回の購入に至りました…。

よかったです。

ハチクラに行きました

最近、爬虫両生類の深い世界につま先を少し踏み入れて
しまったのかもしれないと思っています。



ということで中野にある爬虫類倶楽部に行ってきました。

DSC_0003.jpg

店内の写真はないですが、所狭しと並ぶ爬虫類たちに感動しました。
実は爬虫類専門のショップに行くのは初めてです。

今回は今度飼おうと思っているカエルさんの様子を見に行きました。
実物を見たほうがイメージがわきますし、気になったことはその場で
聞くことができます。

こういうショップは大切にしたいですね!
また機会があれば行きたいと思います。




別の話になりますが、去年の夏に行った
アンディランドの写真を見つけました。

閉館まであと数日という時の写真。

120728_142112.jpg

これはアルダブラゾウガメの写真です。
飼育員さんに記念写真をとってもらった時、「自由に撮ってもいい」と
言われたので、ばしばし写真を撮りました。

アンディランドは名前は変わりましたが
このカメさんたちは健在しています。

こちらもまた行きたいです。

2013/01/12 カメ環境更新

 一段落ついたので、記事を更新します。

 まずは水槽の全景です。

DSC00367-2.jpg

 照明をひとつ増やしました。左はヴォルテス30W、右はヴォルテスの紫外線灯27Wのやつと防滴バスキングライトです。あとサテライトLを撤去しました。いろいろ手を加えすぎて、よくわからなくなってきたので、できるだけシンプルな構成にしています。
 
 照明はタイマーで管理することにしました。朝の6時45分から12時間点灯して時間になると自動で切れます。タイマーはGEXの『アクアクロック デュアルタイマー』を使っています。二つの時間をプログラムできるので、照明を時間差で点灯したりパネルヒーターなどを照明が切れたら入れ替わりで作動させたりすることができます。

 こちらは新陸地です。

DSC00369-2.jpg

 園芸用の鉢底ネットをアクリル板にコーキング剤で接着しています。スロープは長すぎてカメが泳ぐときに邪魔そうにしていたので半分カットしました。

 カメが甲羅干ししています。

DSC00362-2.jpg

 周りは100均で買ってきたマットをはめ込んでいます。パネルヒーターが申し訳程度に奥に配置してあります。効果がないようなので、セラミックヒーターの導入を検討しています。

 ロックフィルターは部屋にしまう場所がないので、水槽内に…。

DSC00368-2.jpg

 本来の使い方とは違いますが、中にろ材をぎっちり詰めてあるので大丈夫でしょう…。サンゴ砂もこっちに詰めました。エアレーションもサテライトから戻って来ました。カルシウムの汚れはもう宿命だと思って諦めました。元気に泳いでいます。

DSC00372-2.jpg

 今回の水深にして一番驚いたのは「うちのカメがこんなに泳げるのか」
ということでした。正直、陸地にも上がれず、溺れかけると思っていました。水面から水底まで自由に泳ぎまわっています。陸地にも器用に足をかけて登ることができました。野生化ではこの数倍の水深で暮らしているので当然の結果といえばそうなんですが…。思えば水族館でも水深1メートル以上ありますよね。大人になればこのくらいにしても問題ないということなんだと思いました。あと水草はアナカリスです。金魚にもカメにも食べられす、無事3日間生存しています!  カメ水槽の水草最長生存記録です! このまますくすくと育ってほしいものです。

  • Day:2013.01.09 21:32
  • Cat:日記
経過報告的な。
今日は早めに帰宅したので水槽をいじりました。

DSC00360-2.jpg

疲れました。
日没前の写真です。

今はだいぶ手直しをして、少し違う様子になっていますが
基本的には同じです。


一番の懸念事項だった「カメが陸地に上陸するかどうか」ですが
無事上陸して休んでいます。

それだけでもうほっとしました。

また後日手直しをして、詳しく紹介したいと思います。

準備とか餌とか。

  • Day:2013.01.08 17:58
  • Cat:日記
カエルさんの飼育準備がぼちぼち進んでいます。
時間をかけ過ぎかもしれませんが、まあ気長に進めています。

餌も買いました。

DSC00357-2.jpg

ネックなのは温度が安定しないことです。
最低でも20度をキープしたいのですが、明け方は7.5度まで冷え込んでしまいます。

ヒーターのワット数が足りてないのでしょうか。
よくわかりません。

使用しているのは20~30センチ水槽用のパネルヒーター、GEXの「ヒートウェーブネオXS」です。
それを水槽の下に敷いています。

今日、土を減らしました。これでまた温度を見てみようと思います。





カメが果物をものすごく好きだという話を聞いたのであげてみました。
ぼくのおやつを少しちぎって、水槽に入れました。

DSC00358-2.jpg

でも見向きもしませんでした。


うーん。


あと熟れた柿も好きだと聞いたので今度試してみようと思います。
バナナも熟れてないからだめだったのかもしれません。

陸地

  • Day:2013.01.06 18:14
  • Cat:かめ
明けましておめでとうございます。

年末年始とずっと下痢が続いておりますが元気です。
今年は健康に気をつけて暮らしたいと思います。





発作的にカメの陸地を作りました。
今は仮設なので左に置いてあります。
実際は右に置きます。

DSC00348-2.jpg

ハンズで買ってきたヒノキの棒で木枠を作って、アクリルの板をはめ込んでいます。
スロープもアクリルで作りました。

アクリルの加工は今回初めて挑戦しました。




わかりにくいスロープの写真。

DSC00350-2.jpg

アクリル板を切り、斜めのパーツを作って傾斜を作っています。
接着は水槽用のバスコークを使いました。

できたのはいいんですが、強度に難があり壊れそうです。
予想はしていたものの作ってみないとわからないこともあるので…。
でもまた作り直しだと思います。




アクリルと木枠の囲い部分。

DSC00352-2.jpg

ここはかなりきれいにできたと思います。
直しもほとんどいらないと思います。





最終的にはこんな感じをイメージしています。

かめ1

もっと水深を深くとってカメの運動スペースを確保したいです。





帰省中、餌はありませんでしたが元気です。

DSC00355-2.jpg

今年も健康に過ごしてもらいたいです。