FC2ブログ

新しいライトを買った

  • Day:2010.04.27 20:14
  • Cat:日記
 ツイッターにかまけていて更新してませんでした。日常のこととか、ゲームの事に関しては向こうで書きます。長めの文章を書きたいときとか、それ以外のことはこっちで書きます。

 新しいライトを買いました。

1217.jpg

 水滴に強いライトらしいです。箱の絵もなかなか強気で水浸しのライトが書いてあります。

1216.jpg

 中身はこんな感じ。前のと違って、なんか金属の光沢があります。水滴でライトが割れるのがいつも心配だったのですが、これで少し安心です。以下は最近思ったことです。長いので別に読まなくても大丈夫です。

 ツイッターを書いてて思ったのですが、このブログがちょっと前から、地に足がついていない状態が続いていて、書いていてもとてもふわふわした感触がして気持ち悪かったし、少し苦しかったというのがありました。もちろん、まだそれは続いているのですがなんというか、最初から地に足はついていなかったのだとは思うけど、速度は少しはあったと思う。今はその速度もなくて、ただ同じ場所にふわふわ浮いてなにか書くことはないだろうかと、思案してどこへ向かうとも無い言葉をただ書いていくのが苦しいです。それでも一定の方向性を作ろうとしてがんばっては いるものの、うまくいかない状況に今います。

 ツイッターに関して言うと、誰にもわかってもらえなくてもいいから、とにかくそのとき思ったことを、主にゲームのことなんだけど、好きなように書いています。そしてそれがわりと楽しいです。なにもレスポンスがなくても、ツイッターに関しては問題なく書けています。

 別にレスポンスが欲しくてブログを書いているわけではありません。誰かが読んでくれたら右下のカウンターが増えますので、それだけで嬉しいです。要はこのブログを書いていて、自分が満足できているかが問題なのかと思ったりします。この文章を書いていたらだんだん暗くなって視野が狭くなってきたので、今日はこのくらいで書くのをやめます。なんというか、このブログが自分に対してもっと役に立つものにしたい、ということと一日の大事な数分をこのブログに費やしてくれている人たちに対しても、もっと意味のあるものにしたいと思っています。だから、もっと前向きなことを書けるようにがんばっていきたいと思います。長々と書いてすいませんでした。それと、ここまで読んでくださった方ありがとうございました。またそのうちよさげなことがあったら更新します。

ツイッターに登録しました

  • Day:2010.04.21 15:39
  • Cat:日記
 「なう」って語尾につけてみたかったのでツイッターに登録してみました。
リンクはこちらhttp://twitter.com/siam78

 なにかの待ち時間とかにツイッターで検索をかけると、同じ場所にいる誰かが同じく待たされていて、何かをつぶやいているのを読むのが面白いです。その場で同じように、じらされている人がいるかと思うといくぶん気がまぎれます。そういう空気を共有できるとこがわりと好きです。だから基本的に待ち時間とかに利用しようかと思っています。メインはこのブログでずっと書くつもりです。

とほで帰宅

  • Day:2010.04.20 19:05
  • Cat:日記
 今日は小田急が人身事故で歩いて帰りました。そして読売ランド前についたころに、電車が復旧。まあ歩いて正解だったのだと思います。事故があったのは生田駅だそうで、駅に警察官が集まってなにやらもちゃもちゃやってました。写真を撮ろうか迷ったけど、なんか怖いの写ると嫌なので
撮りませんでした。

 昨日は新宿で『第9地区』というSF映画を見てきました。「超」が3個くらいつくぐらい面白かった。ただぼくの趣味にマッチしてるというだけで、あんまり一般うけはしなさそうです。シナリオ演出ともにすばらしかったです。主人公が途中何度もピンチにおちいるのですが
観客には予想もつかない形で毎回最高の形で打開するのが
圧巻でした。そしてそれに対する伏線もきちんとさりげなく張ってあって、エンターテイメント映画の脚本はこうでなくてはな、としみじみと感じました。グロシーンが多いので苦手な人には
お勧めできないです。

 映画の待ち時間に、本屋によりました。

1215.jpg
 
 『3月のライオン』の新刊。この漫画、めっちゃおもしろいですね。ハチクロはテンションの高い漫画で読みにくくて
苦手だったので読んでないですけど
この漫画は、青年誌で連載されているだけあって内容が落ち着いていてとても読みやすいです。

タイヤがパンク

  • Day:2010.04.18 19:00
  • Cat:日記
 今日もバイトでした。客がいつもの倍くらい来て忙しいやら嬉しいやらでした。帰りに自転車の前輪がパンクしていて、よく見るとタイヤのすぐそばに画鋲が落ちていました。「古風な嫌がらせ」かと思いましたが、画鋲も錆びていたので前からあったんでしょう。そう信じることにしました。今の自転車を買ってから、タイヤがパンクするのは
これで6回目か7回目で、修理代金だけで新しい自転車が買えるほどです。というか、3年でそんなにパンクするものなのかと疑問やら自転車屋への疑惑すら湧いてきます。
一回心配になったので 
「一度パンクしたタイヤは続けてパンクしやすくなったりしませんか?」
 と自転車屋に聞いたところ 
「そんなことはありません」
  と言われました。向こうがそう言うのならそうなんでしょう。ぼくの乗り方と、運が悪いのかもしれません。さっさと修理したいです。
 
 雑誌に投稿するための戯曲のプロットを、ここ最近考えてます。前にも書くとか言いましたが結局、投稿せずに終わってしまいました。でも今度でそのコーナーが最終回を迎えるようで、今回はかなり本気で取り組んでいます。締め切りは5月26日。その前にすることが山ほどあるけど…。山ほどあることと、戯曲の進歩状況などをこれからちくちくたまに更新していきたいと思います。

なんさい?

  • Day:2010.04.04 19:55
  • Cat:かめ
1189.jpg 

 久しぶりに甲長を測りました。わかりにくいけど、だいたい13センチくらい。

画像-0818

 この写真は2年前の8月の写真。このときは11センチくらい。クサガメの甲長はだいたい18~20センチくらいになるから、まだ5~7センチ大きくなると思われる。この調子だと1年に1センチペースで成長しそう。冬場、加温飼育していたらもっと成長しそうなもんだけど冬はほとんど餌を食べないので、そんくらいのペースだと思う。冬眠させたらもっと遅いのかもしれない。今は2歳半だから、まだまだ成長します。クサガメの寿命は20年~30年だとか聞いたことがあるから
人間に換算したら今は7.5~10歳? この寿命の計算の仕方知らないんですけど、どうやってやってるんでしょうか。人間の寿命が80年だとしたら、この場合は3、4倍して考えるんだと思うんだけど、その寿命って毎日いいもの食べて生活したらの話だと思う。謎です。

おそろしや

  • Day:2010.04.02 21:41
  • Cat:日記
1187.jpg 
 昨日はエイプリルフールとかでした。特に誰にも嘘はつかれませんでした。ですが、2年前に恐ろしい嘘をつかれて非常にまいった記憶があります。2年前の今頃、ちょうど五月の公演に向けて忙しかった時期のことでした。ぼくは脚本演出その他雑用兼主宰をしていました。台本は上がらないわ、人が足りないわ、稽古も進まないわで昼はバイト、夕方は稽古、家に帰ったら台本、寝ずにまたバイト稽古……そして人を集めるために演劇系の掲示板に書き込んでは、それを見てメールをしてきた人に、メールの返信をして合う日程を決め、神経を使ったりで、てんやわんやのときがありました。そんな中で4月1日、役者の一人が

「すいません、ちょっとお話があるんですけど…」
「え、なに?」
「あの、申し上げにくいんですが」
「うん」
「実家の都合で今回の公演に参加できなくなってしまいまして…
ほんとすいません」
 その瞬間、血の気が引きました。終わった。完璧にそう思いました。
「え、ほんとに…?」
「あ、はい。すいません。あの、本当にたいへんな時期だとは
思いますが…」

 このふた言の間に、ものすごくたくさんのことを考えました。人って、こんなに一瞬でいろんなこと考えられるんだと感心さえしました。まず、このまま公演を中止した場合、劇場を押さえるためにかかった費用十数万をどうするか。こちらのほうは、話し合いで解決できるだろうとすぐに判断。あと音響を頼んでいる外の人に、謝らなくちゃなぁとか。また続行する場合、キャストの割り振り代役を立てるのか? でも人がいない。だったら台本上でどの役とどの役を合体させて、セリフを削るか。もしくはどの役を無くして、舞台を成立させるか。台本の構成を激しく考えつつでも、辞めると言ったその役者は主役。削るとか不可能だ。じゃあ代役? でも代わりがいない。自分がやる?  それ大丈夫なの?   だいたいこの辺で思考停止しました。で、相当、ぼくがやばい表情をしていたようで、そのあたりで、その役者がネタばらしをしました。この辺のことは、その直前があまりに衝撃的だったためにあまり覚えていません。ただ苦笑したのは何となく覚えています。あとで何度も役者に謝罪されたのを覚えてます。今思えば、わざとらしい話題の切り出し方ですね。時期が時期で真剣に受け止めざるを得なかったです。たぶん、これが人生で一番怖かった経験のひとつです。エイプリルフール、恐ろしい子…。